専門店に維持管理を頼める|賃貸のサブリースをする魅力とは

レディ
  1. ホーム
  2. 家賃が安定します

家賃が安定します

つみき

転貸借が絡みます

1棟アパートや区分所有物件を購入して不動産投資をする人が年々増えています。通常、入居者それぞれと個別に賃貸借契約を結び、家賃収入をもらうことになります。賃貸管理会社を間に入れていれば、賃貸管理会社からまとめて家賃を得ることになりますが、賃貸管理会社は集金の代行をしているだけなので、空室が発生した場合には、当然ながら空室になった部屋の分を差し引いて家賃を振り込んできます。これが、入居者とオーナーの間にサブリース会社が入ると、少し変わってきます。一番大きな相違点は、空室が発生しても入金額が変わらないという点です。サブリース方式とは、サブリース会社がオーナーと賃貸借契約を交わし、その後、サブリース会社が各入居者と転貸借契約を交わします。そのため、サブリース会社に賃貸した物件の一部が空室になっても、それはサブリース会社が負うべきリスクであり、オーナーの収入が変わることはないのです。サブリース会社と賃貸管理会社の相違点の2つ目として挙げられることが入居者への対応です。賃貸管理会社を間に入れている場合には、入居者との間に発生したトラブルはオーナーが解決しなければなりません。賃貸管理会社が間に入るものの、基本的には入居者の意見やオーナーの回答を伝達するだけです。しかし、サブリース会社が間に入っている場合は、入居者とのトラブルをサブリース会社が解決します。つまり、サブリース方式を採用すれば、オーナーは手間なく、安定した家賃を確保できるのです。